本文へ移動

みんなで深掘る事例研究 ~情報通信業(株式会社システムフレンド)編~

『面白い』から始まる新事業 ~新たな価値をどうやって生むのか~

〇セミナー後記(動画)

 2022年10月28日に「みんなで深掘る事例研究」シリーズのITベンダ編をオンラインにて無事開催することができ、
56名の方にご参加いただきました。
※当日のセミナー内容はこちらからご覧いただけます。(YouTubeへ遷移します。)

 今回はITベンダという"DXを支援する側"の事例だったため、参加者がIT業界の方々に偏るのではないかとの
懸念もありましたが、結果としては製造業、金融業、建設業、小売業など多岐に渡る業種の方々にご参加いただき、
DXや今回のテーマでもあった新事業開発への皆様の関心の高さを感じました。

 新規事業開発や下請け脱却に必要とされるものは様々ですが、事例紹介ではその中でも「外部との双方向交流」
「内発的動機を重視した人材育成」「人の目を引くマーケティング」といった点を「面白い」というキーワードで繋いで
いただいたのではないかと思います。
 資金力、マンパワー、営業力、企画力など、下請け時代に不足していた点を乗り越えて直取引を増やした工夫とは?
ゲーム機用センサーをPCに繋いで遊ぶところから、どのようにして医療機器開発につながったのか?など,非常に
興味深い内容でした。
 事例ストーリーで語られるフットワークの軽さと「わらしべ長者的」と表現された展開からは、セレンディピティ(素敵な
偶然や予想外の発見に出会う力)という言葉を連想しました。

 発表資料の随所に登場する野鳥の写真とそこに込められた「趣味(面白い)の追及が新事業につながる」との思い、
多くの上手くいかなかったことなど、その場で飛び出すお話も多くあり、リアルタイムトークという形式ならではの面白さ
もあったのではないでしょうか。

 実施後のアンケートでは「このような企業が地元にあることを知られてよかった」「色々な業種業界を取り上げてほしい」
といった嬉しいご感想もいただけました。

 DX推進コミュニティでは今後も様々な業種、テーマのセミナーを予定しています。皆様も是非コミュニティへ加入いただき、
最新情報を得ていただければ幸いです。
TOPへ戻る